カテゴリー別アーカイブ: 未分類

商標申請出願で着手金無料のサービスを発見!

自分のカー・コーティング事業でもそうですが、あらゆるオリジナル商材事業を展開する上で、気を付けなければならないのが「商品名」です。

まず、他社が商標として権利取得している商品名でサービスを展開すると、権利侵害で使用を差し止められる可能性があるばかりか、最悪のケースでは自社でその商品名で販売した売上から、商標利用料を求められたり、賠償請求をされるケースがあるので要注意です。

そしてこれは法的な効力があるので、拒むこともできません。

この「商標権」という権利は、端的に言えば”早い者勝ち”という性格を持っています。

つまり、自社が以前からその名称を使っていたとしても、同業他社が同じ名称を商標として申請・出願し、特許庁がそれを正式な商標として受理すると、その名称の商標権、つまりビジネスに商品名として活用する固有の権利として、法的に認めてしまう、ということです。

これは、同業者が、商標権を持つ権利者の許可なく、商品名を使えなくなる、ということです。

そして、自社の商品が人気化出来て、やっと軌道に乗ってきたときに、他社が悪意の有無にかかわらず、類似品に同じ商品サービス名を使って混同されるというケースもあります。

まとめると商標権を取得しないリスクは、

・他社が先に商標権を取得した場合、自社がビジネスとして先行して使用していた商品名でも、使用を差し止めれるケースがあり、権利を侵害した場合、損害賠償のリスクがある

・自分の商品サービスと類似のものを同じ商品サービス名で展開されて、ユーザーに混同されるリスクがある

となります。

つまり、商標権を取得する、ということは自分の商品サービスとビジネスを守る、ということなんです。

この商標申請・出願に関しては、一般人でも特許庁に提出することは可能みたいです。ただし、膨大な資料作成は、不慣れだと大変ですし、商標申請で難しいところは、一度出願して特許庁が却下すると、それを覆すのが素人では難しい、というところですね。

良かれと思って手掛けた施策がかえってデメリットになる可能性がある、ということです。

やはりここは、プロに任せた方が無難だけど、特許事務所に頼むと、結構コストがかかる懸念が…という話もよく聞きます。

自分なりに、ネットで探してみたら良いサービスがありました!

なんと特許庁への商標申請時は、印紙代の実費のみで着手金無料で手掛けてくれ、無事希望する商標が受理されたら、成功報酬で料金を支払えば良い、というサービス、その名も「Ⓡゼロ円商標申請」です。

着手する前に、希望する商標が、特許庁に受理される可能性があるかどうか?も無料で調査してくれるみたいです。

埼玉県で2017年の商標申請実績がNo.1というのも、信頼できる実績ですね!

当社の店舗からも車で近いので、ぜひ相談しに行ってみようと思います。

商標申請 出願に「Ⓡゼロ円商標申請」は強い味方になってくれそうです!!

まずは自己紹介

埼玉県在住34歳のユウジです。既婚で長男と長女の4人家族。

趣味は、サーファーでキャンプやアウトドアを家族と楽しんでいます!

ビジネスは、カーコーティング事業で、オリジナルの薬剤を開発しています。

・子育て真っ只中

現在、幼稚園と小学校低学年の子供二人と妻の4人ぐらしです。子供は幼稚園児が息子、小学生が娘です。女の子が一番上だと二番目の子育てが楽になるというのは本当だったんですね。娘は弟の面倒をみたくて仕方がないらしく、小さなお母さんとして大活躍中。我が家は共稼ぎなので非常に助かっています。とは言っても娘だってまだまだ甘えたい盛り。ときどきわがままになることもありますが、そのわがままを今は全身で受け止めています。20代後半で結婚、出産、仕事も順調ですし、自分でいうのはちょっと照れくさい部分もありますが、夫婦仲も円満なほうだと思います。

・家族みんなでアウトドア

昔からアウトドアが大好きで、特に独身時代は週末になると必ず海にでかけていました。サーフィン仲間と集っていましたね。今は子供が小さいのでサーフィンにでかける回数は減ったものの、それでもキャンプやアウトドアが大好きです。やはり子供が喜ぶんですよね。いつもと違う日常にテンションが高くなり、今度の休みはどこのキャンプに行くのかとワクワクしています。目をキラキラさせて期待に胸を膨らませている子供たちを見ていると、この子達のためにもっともっと頑張らねば、とヤル気がみなぎってきます。

・将来設計に不安がある

だからこそ、この先、将来のことが心配になるんですよね。二人の子供を大学まで通わせたときどのぐらいのお金が必要になるのか、考えれば考えるほど心配になってきます。今の仕事は確かに順調でこのまま波に乗っていければよいですが、安定した世の中とは言い切れないので、将来の未来予想図を描くことがちょっと不安なんですね。教育ローンに入っていれば問題ないのかな、と思いつつも、夫婦ふたりの将来のことも考えれば、資産運用も同時に始めたほうがいいのかな、と検討中です。資産運用は予備知識がなければ簡単に始められないので、夫婦力合わせて今後のことを話し合っていかなければと思っています。

・30歳からの独立起業

仕事のことも書いておきます。20代のころは車の整備工場で働いていました。
やっぱり男たるもの一国一城の主として、自分の会社&自分のビジネスを持ちたいな、と考えて30歳になるのをきっかけに独立起業しました。

整備工場で働いていたころ、結構富裕層の方からカーコーティングの需要が多くて、しかも結構良い車には、それなりのプライスがするコーティングでもご依頼が多かったので、「これはチャンスかな!」と。

独立起業したての頃は、既存のコーティング剤の代理店として展開していたけど、これだと結局「人が開発した商品を売っているだけに過ぎないな…」と思いまして。

ご縁あって、コーティング剤の開発会社さんと提携することが出来ました。現在は、オリジナルのコーティング剤を開発してコーティング施工を含めてフランチャイズ展開を狙っています。

そのパテントビジネスと言える展開を仕掛けていくには、商標や特許が防御の要に…。調べていると、とても奥が深い世界なんですね!

このサイトで、色々情報展開していきます。

また書きますね!